佐藤食品工業株式会社 東港工場

海上輸送、陸上輸送にも便利。
インフラ完備も魅力な東港工業地帯。

工場長 渋谷 弘

主な事業内容

1食ずつ独自の製法で丁寧に炊き、お米本来の味を活かしたごはんを、無菌化包装技術によりそのままパックした「サトウのごはん」を製造しています。

なお、近年は、ご高齢の方を中心に小盛りタイプのごはんが売上を伸ばしています。長期保存が可能で、湯煎でも食べられますので、今後はアウトドア用や非常食用としてもPRしていきたいと思います。

進出した理由

以前の新潟工場(現本社所在地)では、1日あたりに生産できる量が少なかったことから、生産拡大を検討していました。そのような時に新潟県から当地を紹介していただき、工業用水や都市ガス等のインフラが充実していたことから進出を決定し、1990年に東港第1工場を建設しました。

その後、電子レンジの普及や、防災意識の高まりを受けて需要が拡大し、2006年には東港第2工場を建設しました。現在は、第1工場と第2工場、合わせて5ラインが稼働しています。

雪の影響

降雪量はありますが、しっかり除雪してもらえるので安心です。

進出を検討している企業へのメッセージ

東港の後背地ですから、もちろん港が至近ですので、海上輸送をする企業に良いのではないでしょうか。また、近隣を高速道路(日本海東北自動車道)とバイパス(国道7号線)が通っているので、陸上輸送にも便利です。更に、空港と駅も近く、遠方からお客様がいらっしゃる際にご利用いただけます。

当社が進出した理由としてもお話しましたが、工業用水、都市ガスなどのインフラが完備されているところも魅力です。

会社名佐藤食品工業株式会社 東港工場
所在地〒957-0101 新潟県北蒲原郡聖籠町東港3丁目78番1号
(本社:〒950-0053 新潟県新潟市東区宝町13番5号)
連絡先TEL:025-256-2772/FAX:025-256-2774
ウェブサイトhttp://www.satosyokuhin.co.jp/